新・ちいさいひと ネタバレ 無料試し読み 最終話 【それぞれの明日へ】

奇跡的に環那を見つけ出した健太たちは、そのまま吐夢くんが居るマンションへ直行しました。

 

玄関の鍵をなかなか開けることが出来ない環那は

 

 

ムリ・・・やっぱムリ・・・と開錠を拒みました。

 

 

なんと、ここに戻ってくるのが3日ぶりだと言うのです。

 

 

それでも健太がきっと大丈夫と言いながら

 

鍵を開けて中に入ると室内のドアに南京錠がかかっていたので無理矢理こじ開けて中にいる吐夢くんを呼びます。

 

吐夢くん!!!

聞こえるか!?

吐夢くん!!!

 

 

マ・・・マ・・・

 

息してます!

至急搬送してください!

 

 

吐夢くんが搬送される前に最後の言葉をかける環那は

 

今度会う時は絶対に”ママ”なんて呼ばないで。

 

もう今から他人だからね・・・

あんたとようやく離れる事ができて

今 晴れやかな気分よ。

 

環那は母親失格だと山下が怒り出しますが、

 

環那はあの子の事、ずっと大嫌いだったけど、しょうがなく育てた事を話しだしました。

 

夜泣きがひどくて夜の睡眠時間は毎日2時間半だったこと。

病院で注意してもすぐに風邪をひいちゃってそのたびに病院に連れて行ったこと。

借金したのだって、他の子と同じようなブランドの服を着せてあげたかったこと。

手を挙げたのも初めはあの子がコンロの火で遊ぼうとしたからだったこと。

 

ほんと・・・

今、思い出しても嫌な事ばかりよ。

 

そこへ搬送されたはずの吐夢くんが健太に連れられてやってきました。

 

 

マ・・・マ・・・

 

い・・・言ったでしょ?

ママって呼ばないでって!

あんたなんか大嫌いなの・・・

 

 

ぼく・・・ぼくね・・・

 

ママのこと・・・すき

 

 

環那は予想外の事を言われて涙を流してしまいました。

 

 

・・・ぼく・・・まってる

いいこにしてずっとまってる・・・

マ・・・マ・・・

 

 

環那は吐夢くんを抱きしめて続けました。

 

 

⇒続きはこちらから

投稿者: 管理人

1児のママ 明子です。 私が漫画サイトで読んだ感想やネタバレを紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です